メインコンテンツまでスキップ
Version: 2.0.0

設定

キューブは自身の通信仕様のバージョン情報や各種設定情報を内部に保存しています。 これらの情報は以下の特性(characteristic)を使うことで取得や変更ができます。

プロパティ
Characteristic UUID10B201FF-5B3B-4571-9508-CF3EFCD7BBAE
PropertiesWrite, Read, Notify
DescriptorConfiguration

書き込み操作#

BLE プロトコルバージョンの要求#

以下のデータを書き込むことでキューブの BLE プロトコルバージョンを要求できます。結果の取得方法は BLE プロトコルバージョンの取得を参照してください。

データ位置タイプ内容
0UInt8設定の種類0x01(BLE プロトコルバージョンの要求)
1UInt8Reserved0x00

水平検出のしきい値設定#

モーションセンサーで取得できる水平検出はキューブの底面と水平面のなす角度(下の図の θ)がしきい値を超えると0x00(水平でない)となります。以下のデータを書き込むことでこのしきい値を変更できます。

データ位置タイプ内容
0UInt8設定の種類0x05(水平検出のしきい値設定)
1UInt8角度のしきい値0x0A (10 度)

このしきい値はロール方向とピッチ方向の回転の両方に適用されます。デフォルトの値は 45 度となっており、キューブの接続が切れるとしきい値設定は破棄されデフォルトに戻ります。

ロール方向 Flat Status Threshold - Roll

ピッチ方向 Flat Status Threshold - Pitch

プロパティ値の範囲デフォルト値
Threshold angle1 - 45 (度)45 (度)

衝突検出のしきい値設定#

モーションセンサーで取得できる衝突検出はキューブの受ける衝突の強さがしきい値を超えると0x01(衝突あり)となります。以下のデータを書き込むことでこのしきい値を変更できます。

データ位置タイプ内容
0UInt8設定の種類0x06(衝突検出のしきい値設定)
1UInt8しきい値0x0A (level 10)

このしきい値の設定可能範囲とデフォルト値は以下のとおりです。値の大きは衝突の大きさを意味します。また、キューブの接続が切れるとしきい値設定は破棄されデフォルトに戻ります。

プロパティ値の範囲デフォルト値
しきい値1 - 10 (level)7 (level)

読み出し操作#

BLE プロトコルバージョンの取得#

要求方法に関しては BLE プロトコルバージョンの要求を参照してください。

データ位置タイプ内容
0UInt8設定の種類0x81(BLE プロトコルバージョンの取得)
1UInt8Reserved0x00
2StringBLE プロトコルバージョン(5 bytes utf-8) 

通知#

読み出し操作で得られるデータは通知でも受け取ることが出来ます。